メニュー ホーム

1/4★ノムさん「俺以外の監督なら…」・他

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
 にほんブログ村での
ランキング♪
 

注目カープニュースではないけど・・・

ノムさん「俺以外の監督なら…」 伊藤智仁氏に酷使を謝罪

 野球評論家の野村克也氏が3日放送のTBS系特番「消えた天才 一流アスリートが勝てなかった人大追跡」で、自身がヤクルトの監督を務めていた際に「俺が潰した」と悔やむ、伊藤智仁氏に謝罪した。これに、伊藤氏は「何とも思っていないです」と笑顔を見せた。

 

 92年のドラフト会議で松井秀喜を推すスカウト陣を押し切ってまで当時の野村監督が指名したのが伊藤氏だった。150キロ台の快速球と、鋭く曲がる高速スライダーを武器にルーキーイヤーの93年から活躍。開幕から2カ月半で7勝2敗、防御率0・91という好成績を挙げた。しかし、同年7月4日の巨人戦で右肘を負傷。このシーズンは前半戦のみの出場にとどまり、ここから苦闘が始まった。

 

 一軍登板は2年なく、復帰したのは96年後半だった。97年にはクローザーとしても登板しカムバック賞を受賞。98年には規定投球回数もクリアするが、01年には右肘、肩痛を再発。03年の二軍戦を最後に引退した。番組内では右肩から先の血行障害で命を落とす危険性まであると宣告されたことも明かした。

 

 90年から98年までヤクルトを指揮した野村氏は「ヒジを壊してなければもっと活躍していたと思う。俺が潰した」と酷使したことへの後悔が残っているといい、伊藤氏に直接謝罪することになった。

 

 18年からBCリーグの富山で監督を務める伊藤氏に「責任は俺かなとすごく思っていた。すごい申し訳ないと。それだけは謝りたい。間違いなくね。俺以外の監督の下なら記録は絶対に残しているよ。俺が邪魔したみたいだ。申し訳ない」と謝罪すると、伊藤氏は「僕は自分の責任だと思っていますし、そういう風に特に思ってほしくないです」と言い切った。

 

 続けて「ピッチャーは先発したら完投するのが当たり前の時代で、何球投げようが関係ないです。最後まで投げるのが使命だと思うんですよね。何とも思ってませんから。監督」と語りかけていた。
(デイリースポーツより引用)




注目カープニース

誠也 昨年「重責」に悩み大ケガが転機に…「自分が向かう場所を見失っていた」

 37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。曲折を乗り越え、精神的に成長した2018年。「年男」が掲げる100打点は目安に過ぎない。心身とも屈強な真のスラッガーへ。予兆が現実になった時、3連覇と日本一の光が見える。

 

 「去年はブレブレでした。自分自身に対して感情が爆発したことも。こんな精神状態じゃダメだ…と気付いていたけど、具体的にどうすればいいのか、わからなかった…」

 

 鈴木は静かな口調で切り出した。打率・300、26本塁打、90打点の好成績を残した2017年。4月中旬から4番に抜てきされ、重圧など無関係とばかりに打った。だが、周りの目を意識し始め、自分を見失う。奇禍はそんな時に起きた。

 

 「3年目から階段を上り始めたけど、去年はガケだった。次の階段が無いから、一つ間違えたら(谷底に)落ちる。ケガは起こるべくして起きた…と」

 

 8月23日、DeNA戦で右足首を骨折。大きな転機だった。厳しい境遇にある人たちと入院中に出会い、好きな野球ができる幸せを実感。人として足もとを見つめ直した。その一方では、野球人として自身と向き合った。有意義な時間だった。

 

 「自分が向かう場所を見失い、ずっとモヤモヤしていた。でも、今は違います。ここを目指す、こういう選手になる…という目標が明確になったので」

 

 実績を積み重ね、求められるものが変わった昨季。周りの目に心を乱され、イラ立つ自分がいた。どうすれば達観できるのか。考え抜いて見つけた答えが“目標に向かってプレーする”だった。目指す先を問うと「それはまだ」と笑った。

 

 「去年よりも成長したい。数字は別に意識していません。ただ4番を打つとしたら、100打点は挙げないといけない。前の人たち(タナ・キク・マル)があれだけ出塁し、つなげてくれる。還すのが4番の仕事なので」

 

 多種多様な名優がそろうカープ打線。その中で4番の期待を担う鈴木は、状態が良くない中で残した昨季の好成績を例に挙げるまでもなく、底知れぬポテンシャルを秘める。24歳の年男を迎える今季、曲折を乗り越えてどう覚醒するのか。

 

 「テーマは、気持ちをどうコントロールするか。ケガをして、いろんなことを感じた。それをどう出していけるか。楽しみです」

 

 右足首手術から完全復帰し、新たな誠也神話の創世記が始まる。
(スポニチアネックスより引用)




カープ薮田が語る【後編】東京五輪に出てメダリストになりたい

 広島の薮田和樹投手(25)が新年の誓いを立てた。昨季15勝を挙げ、最高勝率のタイトルを獲得した右腕は、シーズンを通して先発ローテを守り切るとともに、5完投を目標に掲げた。尊敬する元広島投手の黒田博樹氏(42)のように「エース」として信頼を勝ち取り、球団史上初のリーグ3連覇と34年ぶりの日本一へチームを導く決意だ。後編をどうぞ。

 

 去年を振り返ると、一番良い投球ができた試合は、プロ初完封できた巨人戦(8月12日)です。一方で一番悔しい登板になってしまったのが、CSファイナルSで2度目の登板だった第4戦です。立ち上がりから不安定なところがあって、試合を作りきれませんでした(4回0/35安打4四球4失点)。シーズン中にはなかった中4日でのマウンドが後から思えば難しかった。

 

 自分では、プレッシャーや緊張感はあまりありませんでした。いつも通り投げていこうと思ってマウンドに上がったんです。だけど試合が始まってみると全然、思うような球が投げられなかった。第1戦で先発した後、体が回復していなかったことに気がつけなかったんです。

 

 自分の中では第1戦の球数が64球(5回2安打無失点)と少なかったことで、次もいけると思っていました。それが油断というか…。試合中に何とか修正しなければいけなかったけど、結局はできませんでした。自分の状態を確実に知ることの大切さが短期決戦から得た教訓です。

 

 もう一つ感じたのは、ピークを持っていくことの難しさ。初めて日本代表に選ばれ、日の丸をつけて国際試合に投げました(11月のENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017)。大事な初戦の韓国戦を任せていただいたけど、四回途中で降板しました。

 

 僕とは対照的に、今永(DeNA)は台湾戦にピークを持っていき素晴らしい投球(6回3安打12奪三振無失点)をしました。日本シリーズを戦ったあとにもかかわらずです。ワンチャンスで結果を残す難しさも知ったし、それはシーズン中でも求められること。良い経験になりました。

 

 20年の東京五輪に出たい気持ちがあります。五輪はスポーツの中で多くの競技者が目指す舞台。野球も金メダルを取るチャンスがありますし、単純にメダリストになりたいんです(笑)。日本代表に選ばれるためには、安定した数字を残せるかが重要になると思います。もう1段階、2段階成長していきたい。

 

 このオフは投げることを継続してやっています。以前は肩を痛めていたこともあり、この時期は投げなかったんですが、16年のオフに投げることにも重点を置いて取り組んだ結果、去年は良い数字を残すことができました。だから、肩をなるべく動かした中で筋力アップなどを行っています。去年の後半は平均球速が落ちた。150キロが出た試合はあまりないんです。球威が落ちないようにするためにも、今の時期からしっかりとしたトレーニングをしています。

 

 理想は1人の打者を5球以内で打ち取ること。だから四球も減らしたい。三振はここ一番という場面で取れれば良いです。開幕から先発ローテに入って1年間、それを守りたい。そして、リーグ3連覇と日本一を狙います。去年と同様に温かい声援をよろしくお願いします。
(デイリースポーツより引用)




癒やしの音楽 ♪

道標が駆けてゆく

(曲は、DOVA-SYNDROMEより引用)
(作曲は、ゆーぎりしぐれ。)
(作曲者のコメント:
 明るめでわくわくするような、探索・フィールド・ダンジョン系BGM142です。)




思い出の歌♪

ピンク・レディー  ペッパー警部

(YouTubeの
iroirodft27より引用)




思い出の映画♪

映画「動乱」

(YouTubeの
劇場予告より引用)




カテゴリー:2018/1月

通りすがりの旅人