メニュー ホーム

12/26★大谷もファンも感謝でさよなら・他

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
 にほんブログ村での
ランキング♪
 

注目カープニュースではないけど・・・

大谷もファンも感謝でさよなら「楽しい5年ありがとう」

 日本ハムから大リーグのエンゼルスに移籍する大谷翔平選手が25日夕、札幌ドームで行った公開記者会見。無料開放された内野席と外野グラウンドに集まった約1万3千人のファンを前に大谷は「自分を応援してくれる人がこれだけいるんだ、と実感するだけでアメリカでも大きく成長できる気がする」と感謝の言葉を語った。

 

 栗山英樹監督と入場してきたスーツ姿の大谷は大きな拍手に少し照れくさそうな表情。「(エンゼルスの)赤と(日本ハムの)青を足して」(大谷)という紫のネクタイが長身に映えていた。

 

 冒頭、大谷は英語であいさつ。通訳が日本語に訳し、場内の笑いを誘った。

 

 日本球界での5年間。投手と打者の二刀流の達成感について問われると、「やり遂げたという感じはしない。でも(二刀流の)考えを持ってくれた人が僕のまわりにいてくれたっていうことが僕にとってラッキーで、そこがすべて」と栗山監督はじめ、球団への感謝を込めた。

 

 いつか北海道に戻ってくる可能性については「エンゼルスにお世話になるので、そこで一生懸命、一日一日がんばっていきたい」。そう決意を述べると、会場から、ひときわ大きな拍手が起きた。
(朝日新聞より引用)




松坂が中日・森監督の命運を握るキーマン? 編成幹部のひと言が頭から離れない

 【球界ここだけの話】

 

 中日は、21日にソフトバンクから戦力外通告を受けて退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを来年1月下旬に行うと発表した。師走の名古屋に飛び込んできたビッグニュース。地元のテレビ、ラジオ局は競うように「獲るべきか、獲らざるべきか」の街頭アンケートを実施した。

 

 あるラジオ局は「(獲る)53%vs47%」と、ほぼ互角だったと紹介。松坂待望論の理由に「話題性」を挙げ、「戦力」として期待しているファンは少数派。球団内はどうだろうか。記者が取材する限り、「ウチに入団してほしい」と叫んだのは、ナゴヤドームの観客動員の減少に頭を抱える営業担当者ぐらいだ。

 

 “匿名”を条件に編成幹部の一人も「いらない。森監督は来季に向けて世代交代を進めていくと言った。逆行するのではないか。実績といっても過去の話。ソフトバンクの3年間で1軍登板は1試合だけ」と断固反対だった。「村田(巨人を戦力外)のほうが戦力になる」と訴えた関係者もいた。

 

 2014年オフ、メッツをFAとなった松坂を獲得したソフトバンクの条件は3年契約で総額12億円。“投資”は大失敗に終わったが、フロントに批判の矛先は向けられなかった。チームは15年から1位→2位→1位。松坂の存在を忘れさせるほどの強さをみせつけた。

 

 中日はそうはいかない。今季は5位で、5年連続Bクラス。このオフに投打とも目立った補強はなく、来季も厳しい戦いが予想される。今回、松坂がテストに合格しても、最近3年の実績を考慮すると手にする年俸は2000万円前後とみられるが、日本球界を代表するビッグネームには変わりない。復活をすれば称賛の嵐だろうが、来季も結果を残せず、チームは沈んだままなら松坂の進退問題だけに終わらないだろう。

 

 「松坂を獲ることで、森監督は自分の立場が危うくなる可能性があることをわかっているのだろうか」。前出の編成幹部がつぶやいた、ひと言が頭から離れない。
(サンケイスポーツより引用)




注目カープニュース

【広島】岡田、両打ちに意欲「やってみたいと思います」

 今季12勝を挙げた広島の2年目右腕・岡田明丈投手(24)が25日、広島市内で行われた広島のFMラジオ「FMちゅーピー」の公開生放送イベントに参加。独特の間合いから繰り出すトークで会場を盛り上げた。

 

 野球は右投左打だが、ゴルフの際はクラブによって左右使い分けることを明かすと、司会者から本業でも両打ちを勧められる場面も。思わぬムチャぶりにも、右腕は「やってみたいと思います」とリップサービスで応えた。今季は7回途中1失点と好投した7月23日の中日戦(マツダ)で2安打3打点を挙げるなど、投手陣の中ではダントツの8打点を記録。投打に非凡な才能を発揮したが、イベント終了後の取材では「(本当に挑戦?)まずはしっかり左で打てるようになってからですね」と苦笑いを浮かべた。

 

 今オフは水泳トレーニングを検討しているといい、「持久力や肩甲骨の動きに効果があるのかなと思うのでやってみたい」。来季も先発ローテの一角として期待が懸かるが「来年は1年通してしっかり投げきりたい。(自身の)背番号はいきたいと思います」と、17勝を目標に掲げた。
(スポーツ報知より引用)




癒やしの音楽 ♪

ヒロインA

(曲は、DOVA-SYNDROMEより引用)
(作曲は、こっけ)
(作曲者のコメント:
 元気で明るいヒロインをイメージしています。)




思い出の歌♪

本田美奈子 1986年のマリリン

(YouTubeの
1985debutより引用)




思い出の映画♪

ダイ・ハード2

(YouTubeの
momentsJPより引用)




カテゴリー:2017/12月

通りすがりの旅人