メニュー ホーム

12/23★平成の怪物松坂が現役にこだわるワケ・他

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
 にほんブログ村での
ランキング♪
 

注目カープニュースではないけど・・・

「今が正念場」平成の怪物松坂が現役にこだわるワケ

 ソフトバンク退団が決まった翌日の11月6日に、松坂と話す機会があった。「まだ投げられます。日本で投げられるのが一番ですが、招待選手としてメジャーのキャンプで上を目指すのか、それがかなわないなら韓国でも台湾でも、どこでも行きます」と現役続行への強い思いをにじませた。

 

 日本シリーズ中に表面化した松坂退団のニュース。来季の戦力構想から外れたことを球団から通告されたのは、新時代の到来を告げる早実・清宮ら次世代を担う選手たちのドラフトが行われた時期と重なる。当初は「コーチ兼任での育成契約」と伝えられたが、実際はコーチの肩書はなく、純粋に育成契約で復帰を目指す提案が打診された。

 

 退団が発表された日、ソフトバンクの日本一メンバーが送別会を開いてくれた。1人1人に別れを告げながら、まだ退く意思がないことも伝えた。この時期にブルペンで投球練習を再開し、「まだ戦える」という感触もあった。「僕は育成選手じゃない」という。魂の叫びが伝わってきた。

 

 レッドソックス時代の2年目に誕生した長男も来年10歳になる。単身生活が続き、日本から米国の自宅に戻るたびに足元から離れなかった長男が、最近は「パパ、投げて」とせがむようになった。

 

 「今が正念場。野球がやりたいだけなんです」。約束された将来はなく、海図なき航海に追い込まれた現実も自覚している。「平成の怪物」と呼ばれた男が現役にこだわる声は切実だった。
(日刊スポーツ引用)




注目カープニュース

広島中崎シェフ、体脂肪率減へ得意の料理で肉体改造

 広島のシェフ中崎が肉体改造を図る。例年体脂肪率は24~25%だったが「筋肉量が少ないと、寒い時期のパフォーマンスが落ちると聞いた」とスロースターター脱却へ体脂肪率20%を目指す。

 

 外食は控え、手料理で栄養管理。揚げ物を避け、夕食は炭水化物も取らない。15年オフに1人暮らしを始め、料理はお手の物。今ではお手製弁当を持参することもある料理男子だ。
(日刊スポーツ引用)




安仁屋氏 来春も広島キャンプで臨時投手コーチ 若鯉底上げじゃ!

 広島は22日、OB会長の安仁屋宗八氏(73)=デイリースポーツ評論家=が来年の春季キャンプで3年連続となる臨時投手コーチを務めると発表した。安仁屋氏がこの日、球団事務所を訪れ、正式に要請を受諾した。日程は2月5日に宮崎・日南市に入り、沖縄市で2次キャンプを張る24日まで。若鯉の成長を手助けし、投手陣底上げの一翼を担う。

 

 カープの力になれるのなら、断る理由はない。スーツ姿で球団事務所から出てきた安仁屋氏は「手助けができたらうれしい」と表情を引き締めた。3年連続となる春季キャンプでの臨時投手コーチ要請。快く引き受けた。

 

 リーグ3連覇と34年ぶりの日本一を目標に掲げる来季。投手陣の再整備がテーマだ。先発陣もさることながら「監督も中継ぎの登板数が多くて心配していた」と話す。今季は中崎、今村、一岡、中田、ジャクソンの5投手が50試合以上に投げた。有事を想定し、1人でも多くの戦力を確保したい狙いがある。

 

 期待を寄せたのが5年目の辻だ。巨人とのファーム日本選手権で1回無安打無失点だった投球をテレビで見た。今季は1軍登板こそなかったものの、2軍からは推薦があった右腕だ。育成選手から成長して来ただけに「いい真っすぐを投げていた。はい上がってきたんだから楽しみ」と声を弾ませた。ほかには横手投げに転向したオスカルと飯田の両左腕を注目選手に挙げた。

 

 この2年間、16年は野村が最多勝と最高勝率の2冠に輝き、今季は気に掛けていた薮田が15勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得した。「飲みにも行きながら、笑顔でコミュニケーションを図っていきたい」と安仁屋氏。強固な投手陣をつくるため、再びユニホームに袖を通す。
(デイリースポーツより引用)




癒やしの音楽 ♪

柱時計

(曲は、DOVA-SYNDROMEより引用)
(作曲は、Phalene)
(作曲者のコメント:
 古い柱時計をイメージした曲です。怪しい感じ。
 推理、クイズのシンキングタイムなんかにどうぞ。)




思い出の歌♪

アメージング グレース 竹原ピストル

(YouTubeの
緑黄より引用)




思い出の映画♪

アンタッチャブル

(YouTubeの
bluelightwarより引用)




カテゴリー:2017/12月

通りすがりの旅人