メニュー ホーム

12/17★レアル、史上初のクラブW杯2連覇!! ・他

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
 にほんブログ村での
ランキング♪
 

注目カープニュースではないけど・・・

レアル、史上初のクラブW杯2連覇!! C・ロナウドの鮮やかFK弾が決勝点

[12.16 クラブW杯決勝 R・マドリー1-0グレミオ アブダビ]

 

 FIFAクラブワールドカップ2017の決勝が16日に行われ、欧州王者のレアル・マドリーが南米王者のグレミオ(ブラジル)と対戦し、1-0の完封勝利を収めて史上初の大会2連覇を達成した。

 

 レアルは13日に行われた準決勝アルジャジーラ(UAE)戦から先発3人を入れ替え、4-3-3のシステムを採用。GKにケイラー・ナバス、最終ラインは右からDFダニエル・カルバハル、DFラファエル・バラン、DFセルヒオ・ラモス、DFマルセロを並べ、中盤はアンカーにMFカゼミーロ、右にMFルカ・モドリッチ、左にMFトニ・クロースを置き、3トップは右からMFイスコ、FWカリム・ベンゼマ、FWクリスティアーノ・ロナウドを配置した。

 

 序盤から押し込む展開となったレアルは前半17分、C・ロナウドがミドルレンジから狙うもゴールマウスを捉え切れず。同20分にはモドリッチが送ったクロスの流れから、最後はカルバハルがボレーシュートを放つが相手選手にブロックされてしまった。その後もレアルが主導権を握って試合を進めるものの、グレミオの粘り強い守備を崩し切れないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

 

 0-0のまま後半を迎えたレアルだが、後半8分にエースの右足が試合を動かす。ゴール前で仕掛けたC・ロナウドが相手のファウルを誘ってFKを獲得すると、自らキッカーを務めて直接狙ったシュートは壁の間を鮮やかに抜けてネットに突き刺さり、スコアを1-0とした。

 

 攻撃の手を緩めないレアルは後半20分、モドリッチがミドルレンジから強烈なシュートを枠内に飛ばしたが、GKマルセロ・グローイに触れられてポストを叩いて2点目とはいかず。その後も攻勢を掛けたレアルだが、同37分に放ったC・ロナウドのシュート、同38分に放ったMFガレス・ベイルのテクニカルなシュートが枠を捉えながらもともにグローイに阻まれるなど追加点は奪えず。しかし、グレミオの反撃も許さずに逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。
(ゲキサカ引用)




本田圭佑、日韓戦惨敗に苦言「言い訳できない」。メディアへ提言も「逆にみなさんどう思う?」

【アル・ジャジーラ 1-4 パチューカ クラブW杯3位決定戦】

 

 現地時間16日にクラブW杯3位決定戦が行われ、本田圭佑が所属するメキシコのパチューカは開催国のアル・ジャジーラに4-1で勝利した。本田は出場しなかった。

 

 奇しくも同日、日本ではE-1選手権が行われており、日本代表と韓国代表が対戦。ホームで1-4と屈辱的な敗戦を喫してしまった。

 

 その試合についての質問が飛ぶと本田は、「4失点は今の日本のサッカー界を象徴している」と第一声。

 

「これまで日本代表でプレーしてきた選手がほとんどいなくて海外組もいない。それは韓国も一緒。何の言い訳もできる状況ではない。かといって謙虚に相手が強かったというのも……あんまり話させないでください。無茶苦茶なこと言いそう(笑)」と苦言を呈しながらもこれ以上の深い言及は避けた。

 

 時間軸で言えば日本対韓国が終了した約2時間後に本田のパチューカが試合を開始。ハイライト映像ならば見られた可能性はあるが、フルタイム観戦は不可能。加えて本田は自身も認めているように代表の「当落線上」。今の代表選手へのリスペクトを欠かぬよう配慮したのだろう。

 

 本田は「逆に僕はメディアのみなさんにどう思っているのか聞きたいですけどね。僕がどう思っているかは散々話しているからいいでしょ(笑)。真剣に何か書いてほしいなというのは僕の思いですけどね」と報道陣へ提言。

 

「真剣に」というには自身の去就について意図せぬ形での情報が流布することへの牽制だろう。欧州への移籍報道が出たが、この日本田はそれを真っ向から否定した。

 

 また、この発言の真意は、試合の良し悪しについて選手に答えを求めるのではなくメディアが責任持って論評すべきという意図だろう。

 

 本田は笑みを浮かべならも表情からは「なぜ自分に日韓戦のことを…」という若干の困惑も感じられた。「どう思っているのか聞きたい」という言葉が胸に突き刺さる。
(フットボールチャンネルより引用)




注目カープニュース

カープ誠也、チーム内で憧れる選手は小窪、会沢、松山 その理由は…

 広島・鈴木誠也外野手(23)が16日、松山竜平外野手(32)と共に広島県呉市内でトークショーに参加。ファンから「チームで憧れる選手は誰?」と聞かれ、松山、小窪、会沢の名前を挙げた。

 

 まず小窪について「哲さんは自分のことより、チームのことを考えてくれる。みんな好きだと思う」と理由を語った。続けて「アツ(会沢)さんは叱ってくれる。筋が通っていて格好いい」と新選手会長に尊敬のまなざしだ。最後は松山の性格を「まず優しい。いじられても許せるところが、器がデカい。たまにイラッとしているのが顔に出てますけど」と笑わせた。
(デイリースポーツより引用)




癒やしの音楽 ♪

ベートーベン「第九」ヒップホップ版

(曲は、DOVA-SYNDROMEより引用)
(作曲は、JoMa)
(作曲者のコメント:
 一年間の締めくくりのスライドショーのBGMにいかがでしょうか。)




思い出の歌♪

「ミス・ブランニュー・デイ」サザンオールスターズ カバー

(YouTubeの
RYU&岡山キモはるより引用)




思い出の映画♪

映画 八甲田山

(YouTubeの
misola doreより引用)




カテゴリー:2017/12月

通りすがりの旅人