メニュー ホーム

11/19★リーグ3連覇狙う広島にピンチ!?・動画他

LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
 にほんブログ村での
ランキング♪
 

注目カープニュース

リーグ3連覇狙う広島にピンチ!? 米球団がジャクソン獲得に興味と米報道

 ジャクソン自身は広島残留希望の発言も…

 

 巨人のマイルズ・マイコラス投手の米球界復帰が噂される今オフだが、他にもメジャー球団が“逆輸入”を検討する選手がいるという。米スポーツ局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者が自身のツイッターで、広島のセットアッパー、ジェイ・ジャクソン投手に複数のメジャー球団が興味を持っていると伝えた。

 

 来季はリーグ3連覇、そして悲願の日本一を目指す広島に衝撃のニュースだ。守護神の中崎につなぐセットアッパー、ジャクソンが米球界に流出する可能性が生まれた。クラスニック記者は「複数のメジャー球団が救援ジェイ・ジャクソンに興味を示している」とツイート。2008年ドラフト9巡目でカブス入りし、マーリンズ、パイレーツ、ブルワーズと渡り歩いた後、2015年にパドレスでメジャーデビューした右腕について「最近2年は日本で屈指のセットアッパーになった」と伝えている。

 

 ジャクソンは今季を終えて帰国する際、来季も広島でのプレーを望む発言をしているが、メジャー契約が勝ち取れるとなれば、気持ちが揺らぐ可能性も十分にあるだろう。今後は広島にとって頼れるセットアッパーの去就にも注目が集まりそうだ。。
(Full-Countより引用)




カープ新井、CS敗退「今でも悔しい」

 広島の新井貴浩内野手(40)が16日、今季の悔しさを胸に持ち続けて来季へ臨むと誓った。広島市中区のグリーンアリーナで行われた「第23回全国女性消防団員活性化広島大会」にゲスト出演後、思いを語った。CSファイナルSでの敗退を新たな力に変え、来季こそ日本一を勝ち取る構えだ。

 

 真っすぐなまなざしが2018年シーズンへの強い思いを示していた。CSファイナルSでDeNAに敗れ、日本一の夢が絶たれた。来季へ向けての意気込みを問われると、新井はしばしの沈黙の後、言葉をつむいだ。

 

 「今でも悔しいし、この悔しさを忘れることはない。それを持って来年に臨みたい。こういう気持ちは、今までになかったかもしれない」。時折、唇を結びながら言った。
2位・阪神に10ゲーム差をつけてリーグ連覇を達成した。喜びはつかの間。CSファイナルS第1戦に勝利してアドバンテージを含めて2勝としたが、第2戦以降は歯車がかみ合わず4連敗を喫した。「シーズンの始まりから日本一を(目標に)設定していたから…」。夢半ばでの終戦だけに、すぐに忘れ去ることはできない。

 

 悔しさが新たな原動力になっている。敗退直後から筋力トレーニングを中心に追い込んできた。トレーニング中にはCSでの戦いが頭をよぎることが「ある」という。年齢を重ね、若い頃と同じような体の回復力はない。それでも「極端に言ったら、ちょっと(筋肉が)ピリッときても良い」と歯を食いしばっている。

 

 「バリバリ」「バキバキ」という状態の体を休めるため、この日の夜から大分県由布市での湯布院リハビリキャンプに参加した。14人が集い、シーズンの疲れを癒やす場所での会話は、自然と今季の戦いを振り返るものとなる。「押しつけはしない」とした上で投手、野手の垣根を越えて自らの思いも伝える構え。「各個人が日本一を取りたいんだという気持ちを、今年以上に持たないと足をすくわれる」。5日間をかけて団結力を強くしていく。

 

 広島包囲網を形成するセ・リーグ5球団からのマークが、さらに厳しさを増すのは間違いない。その壁をナイン全員で乗り越えていく。あくまでリーグ3連覇は「通過点」と話す。来季こそ日本の頂点へ上り詰めてみせる。「何が何でもつかみ取りたい。そういう気持ち」。来季は節目のプロ20年目。新井が全力でチームを頂へとけん引する。
(デイリースポーツより引用)




野村、広陵後輩ドラ1中村に金言

 広島・野村祐輔投手(28)ら14選手が16日、大分県由布市内で湯布院リハビリキャンプをスタートさせた。投手キャプテンの野村は母校の後輩でドラフト1位の中村奨成捕手(18)=広陵=へ“金言”を授け、プロの世界でのサポートを約束した。

 

 湯布院の温泉につかり、ポカポカになった野村が言葉に熱を込めた。ドラフト1位・中村がプロの世界に早く慣れるためには?そう問われると、自身の経験を踏まえて、こんな金言を授けた。

 

 「やってやろうという気持ちがあれば自然とそういう行動になる。ゆっくりする暇はない。18歳でも一緒。1年目からやってやろうという気持ちが大事」

 

 高卒1年目のシーズンは体作りから…。そうした事情はもちろん理解しつつ、ルーキーイヤーからプロの世界で戦う気概を求めた。自身は大卒1年目に9勝、防御率・1・98で新人王を獲得。昨季は最多勝、今季は先発の大黒柱として、投手キャプテンを務めた。プロの厳しさを知るからこそ、かわいい後輩へ、優しいエールだけにとどまらなかった。

 

 先輩としてサポートは惜しまない。毎年末に広陵グラウンドで開催される「広陵会」であいさつを受け、すでに顔見知り。「テレビでも見ていた。1年生からマスクをかぶることはないので」。今夏の甲子園の活躍ぶりもチェックし、成長を見守ってきた。

 

 自身もさらなるレベルアップを目指す。今季は主に週の頭の先発を任され「満足はしていないですが、こういう立場になって昨年より成長できた」。自覚にあふれる先発の大黒柱が言葉と背中で後輩へ手本を示していく。
(デイリースポーツより引用)




癒やしの音楽♪

(曲は、DOVA-SYNDROMEより引用)
(曲名は、In hindsight)
(作曲は、伊藤貴章)
(作曲者のコメント:
 イメージは「今は消えてしまった場所やモノ」です。ピアノとベルのみの非常に短い繰り返しのBGMです。シーン的には……なんでしょう? 分かりません。)




思い出の音楽と映画♪

【NOKKOがBOØWY布袋寅泰とレベッカの名曲「Raspberry Dream」リメイク】2:52から2分半布袋さんがギター弾きまくる!前半は職人技カッティングも堪能できる名演

(YouTubeの
Guitar Rhythmより引用)




華麗なるギャツビー (1974) オープニング/ギャツビー登場

(YouTubeの
ka81riaより引用)




カテゴリー:2017/11月

通りすがりの旅人